本文へスキップ

治らない痛みや症状The pain which doesn't heal and the symptom


人の身体は


物質」 と 「働き


からできています。




改善しない痛み、どこで見てもらっても原因が分からない症状…


これらを改善するためには、これまでの「モノの見方」や「考え方」を変える必要があるかもしれません。それは、


「モノのみを認知する思考」から「働き=見えないエネルギーを認知する」


という風に、考え方や意識をシフトすることです。



痛みや症状がある場合、ご自身でもそうですし、病院でもそうですが、まず探すのは「物理的異変」や「物理的原因」ではないでしょうか?


病因での検査はその多くが「物質的異常」がないかをチェックするということ。


ご自分でも「ぶつけた?」、「捻挫した?」、「おかしな恰好をした?」、「冷えた?」…このような物理的異常や原因を探されるでしょう。


もし思い当たらなくても「おかしな寝方をしたはず」とか「覚えてないけどどこかで打ったはず」「ひねった気がする」「歩きすぎたかも」…このように無理にでも物理的原因に結びつけようとします。


ところが実際には、物理的原因から起こっている痛みや症状はそれほど多い訳ではなく、本当の原因は「働きの異常」にあることが多いのです!


車に例えるとエンジンの部品が破損した場合を「物質的異常」、部品は全て正常なのに電気の伝達不良やコンピューターによる制御の異常を起こしている場合が「働きの異常」に相当するでしょう。
また部品は完全には壊れていなくても、劣化してくると働きが正常に発揮できないということも起こります。


人体でも同じく、どのような病気でもある日突然、いきなり内臓や組織が物理的破綻=細胞崩壊や壊死を起こす訳ではありません。


そのような異常が起こる前に必ずその内臓や組織が担っている「働き」が低下したり、異常を起こしたりするはずです。ただこれらの状態では西洋医学的検査ではその異常は検知されにくいのです。


治らない痛みや症状は、この「働き」の異常、もしくは「物理的異常の前段階」によって起こっている痛みや症状に対して、「物理的に治すための処置」=強い力による矯正やマッサージ、低周波刺激、牽引、服薬…などを行い、状態がこじれてしまっている症状であると考えられます。


このような原因と処置の不適合は、「物質的異常」を診ることに重きを置いている西洋医学、また唯物的常識観によって起こることがほとんどです。もしこれに該当するのではないかとお感じになられる方は是非、ラ.サルーテの治療をお試しください。


ラ.サルーテの身体観は、
はじめに「働き」が起こり、その「働き」によって「物質」が形成されていく!というもの。


その「働きの異常」を診るために伝統的東洋医学の診断法を駆使して、どこに繋がる気の流れが異常を起こし、どのような方向性の「働き」が乱れているかを診断、


「働き=神経伝達や見えないエネルギー」を調整するサイマティクスや鍼灸を用いて、気の流れを整え、正常な方向性の「働き」が回復するように誘導します。そして劣化を起こしている内臓や組織の修復も行います。


治らない痛みや症状でお困りの場合は是非、「物理的な考え方、見方に終始していないか」を見直していただき、もし該当するかもしれないとお感じになられた場合には是非、お気軽にご相談ください。











ナビゲーション

有限会社 ラ.サルーテ
Therapy Office La-salute

セラピーオフィス ラ.サルーテ

〒600-8862
京都府京都市下京区
七条御所ノ内中町40


ご予約/お問合せ
TEL 090-3920-1221


★本社
〒600-8862
京都府京都市下京区
七条御所ノ内中町40

「お問い合わせはこちらへ↓」
lasalute111 @gmail.com